相続

作成日:
コンテンツ番号:1520

持分比率以上の面積を
要求してくる姉に困っている

ご相談内容

父が2年前に亡くなり60坪の土地を私たち姉妹2人が相続しました。

父からの遺言書を基に各2分の1で相続登記をしましたが、姉は私に100万円の債務があります。(4年前に姉に貸しました)
昔から強欲な姉とはもともとあまり仲が良くなく、このまま共有状態でいるのも嫌だったので勇気を出して土地の売却の話を姉に持ちかけましたが姉が40坪は私のもの!と言い張っています。

持分比率以上の土地を要求する権利が姉にあるんでしょうか?

ポイント

  • 姉妹で土地持分を各1/2づつ所有(相続登記済)。

  • 姉が持分比率以上の現物分割を要求している。

  • もともと仲が悪く話しが纏まる様子が全くない。

補充

  • 他の共有者に対して債権を有する共有者は、その特定承継人(共有持分を譲り受けた者など)に対してもその権利を行使できる(民法254条)

解決までの流れ

まず結論からお答えしますと、持分比率以上の請求はできません!お姉さまがどんな主張されても持分比率以上の請求は出来ませんが、お姉さまが納得しない限り全体を売却は不可能です。

妹様はお姉さまの強欲ぶりにこりごりしており妹様の持分2分の1を売却のお手伝いをしました。その後購入されたAさんとお姉さまが共有となり、Aさんはお姉さまに対し、共有物分割請求による現物分割の申し入れをしました。

お姉様は第三者が購入したということもあってとても冷静でした。持分比率に応じた面積で測量を行い登記手続きしました。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム