用語集

作成日:
コンテンツ番号:946

卑属、尊属

意義:

  • 卑属とは血縁関係において、その人に後続する世代にある者。

  • 尊属とは親等の上で父母と同列か、それより上の世代の血族

解説

親族には血族と姻族という区別があります。前者の血族とは字のごとく「血」のつながりのある親「族」のことをいいます。姻族とは一方の配偶者と他方の配偶者の血族との関係のことをいいます。血のつながりこそありませんが婚「姻」によって関係ができる「親族」のことです。
この血族にはさらに「尊属(そんぞく)」と「卑属(ひぞく)」という区別の仕方があります。

尊属とは

尊属とは自分よりも前の世代に属する血族のことをいいます(先祖に当たる人のことです)。具体的には両親や祖父母、曾祖父母、おじやおばなどが尊属に当たります。この尊属のうちで直系の尊属(直系尊属)は第2順位の法定相続人となります(子がいる場合は相続がないことに注意が必要です)。

卑属とは

卑属とは自分よりも後の世代に属する血族のことをいいます。要するに子孫に当たる人のことです。具体的にいえば、子・孫・曾孫などが卑属に当たります。相続との関係ではこの卑属のうち子は第1順位の法定相続人です。

尊属と卑属の一覧図

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム