用語集

作成日:
コンテンツ番号:2026

建物区分所有権(マンション法)

質問 マンションや集合住宅の場合のエレベーター等の修理の場合費用負担等はどうなるのか。

通常マンション棟の規約によりますが、一般論を解説します。

マンションや集合住宅、集合オフィスは共用部分が存在します。 共有部分は区分所有全員の「共有」になります。 各共有者はその共用部分をその用法に従って使用することが出来ます。 共用部分の持ち分についてはその割合いは専有部分の床面積の割合によります。

  • 共有部分:廊下や階段、エレベーター、管理室、ごみ収集場等

  • 専有部分:区分所有権の目的となる建物の部分(マンションの一室やオフィスの一室)

共用部分の費用負担は規約に特段の定めがない限り、持分の割合に応じて負担することになります。 つまり、集合住宅や集合オフィスの共用部分は持ち分に応じてその負担義務が生じることになります。

共用部分のエレベーターのイメージ
  • 変更の場合(例えば階段をエスカレーターにする場合)は区分所有者及び、議決権の4分の3以上の多数決で決定することになります。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム