用語集

作成日:
コンテンツ番号:2837

共有持分の放棄

質問 持分の放棄とは?

持分の放棄とは、共有者の一人が自己の持分を放棄することです。

解説

民法第255条:「共有者の一人が、その持分を放棄したとき、又は死亡して相続人がないときは、その持分は、他の共有者に帰属する。」

とあります。持分の放棄とは、共有者の一人が自己の持分を放棄することです。共有物の持分を放棄すると、放棄された持分は他の共有者の持分に帰属します。残された共有者が複数の場合には、各共有持分の割合に従って持分が帰属することとなります。

不動産の共有持分を放棄するとどうなるか

土地や建物など不動産の共有持分を放棄した場合は、上記の規定に従い、他の共有者に所有権が帰属することとなります。そしてこの場合の登記は、持分放棄を登記原因とする所有権移転登記を申請することになります。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム