用語集

作成日:
コンテンツ番号:1646

共有不動産とは

意義:共有(名義)不動産とは、一つの不動産を「持分」という割合で複数人の共有者が持ち合う状態を言います。

ABC共有名義の不動産のイメージ

解説

共有不動産とは、「共有」状態ある「不動産」のことを言います。各々が持分割合の範囲で所有権を持つことであり、一つの不動産の「どこの部分を所有する」というものでは原則ありません。

共有不動産は相続にて取得した親族間の土地・建物に多く、親族で持分登記をしている場合が多いです。(連合登記)また、遺産分割が未了で被相続人名義のままで放置されている共有状態や、親子・兄弟姉妹・夫婦間などで資金を出し合って購入する共有不動産もあります。

なお、複数人で不動産を買う場合は、自己資金・住宅ローン借入金も含めて、出資額割合にて持分登記をしておかないと贈与として課税されることがありますので注意が必要です。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム