相続

作成日:
コンテンツ番号:1578

共有持分の交換は可能か

相続アドバイザー松原が担当しました「事例でわかる共有持分」として、栃木県宇都宮市共有持分をお持ちのY様の相談内容および解決内容をご紹介します。

ご相談内容

5年前に父が亡くなり、2世帯住宅、アパート2棟(同敷地内)と預貯金を遺産分割協議により兄弟2人で相続を受け、各不動産については共有持分として相続登記が完了しております。しかし、兄から会社の資金繰りのため私と一緒に売却したいと申し入れがありました。私は他に自宅があるので、2世帯住宅は売ってもいいとは思いますが、アパートについては今後の収益不動産として持ち続けたいと考えておりますので、兄の提案を断っていますが、貴社のホームページを見る限り、私の同意なく兄は自分の共有持分だけを売却することは可能なんですか?

ポイント

  • 共有不動産を売却するにあたり、相手方の同意は必要か。

  • 相談事案において双方の利害調整はどのようにすればよいのか。

解決までの流れ

共有持分の売却は相手方の同意なく、処分することは可能です。ただ、兄弟の利害対立を回避するためには、各人の意向を整理する必要があります。

事案では同じ規模のアパート2棟が同敷地内にあり、査定評価としても同じだったので共有持分の交換をすることにより、アパートの共有名義を解消。それに伴い、兄のアパートは売却、相談者様のアパートは引き続き保有することになりました。2世帯住宅についてはもともと相談者様も抵抗がなかったので、共有名義のまま共に売却することになりました。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム