その他

作成日:
コンテンツ番号:1166

共有持分の売却理由ベスト5

  1. 共有者間のトラブルから離脱し長年のストレスから解放されたい

  2. 共有者の一人が売却に応じない

  3. 他の共有者が私の持分をタダでよこせと迫っている

  4. 後顧の憂いを断ちたい

  5. 想い出がきれいなうちに解決したい

共有名義不動産のトラブルを回避する方法は、共有者全員の意見が纏まることです。全体の売却や、土地を等分に分割(分筆)したり、特定の一人が100%所有権を取得するために適正金額にて他の共有者に対価を支払うなどの合意をすることですが、そう事はうまく進みません。

『全体を売ろう!』『分筆しよう』『売りたくな〜い』のイメージ

共有不動産を共有者全員で売却した場合、お金は基本的に各持分比率による按分で分配されます。しかし複雑な感情が絡み合った親族間同士の話し合いで、”特別扱いされた兄弟”がいるなどの理由から、持分比率に従い均等に分配されないケースが多々あります。

土地の分割(分筆)に全員が応じても、そもそも建物が存在していたり、”私は角地がいい”、”日当たりが悪い西側の土地は嫌だ”と、纏まらないケースがほとんど。また、特定の一人の共有者が他の全員の持分を買い受けると言っても、”適正価格なら売る”という者と、”そんな高い金は払えない”という者との対立は避けられません。

様々な火種が潜む共有名義不動産は、共有者間のトラブルに発展することが多いため、なるべく早い段階で専門家に相談し対策を講じることをおすすめいたします。弊社にも日々たくさんのお問い合わせをいただき、一緒に解決し新たなスタートのお手伝いをさせていただいております。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム