用語集

作成日:
コンテンツ番号:1663

遺産分割協議とは

意義:「相続財産をどのように分けるか」を、相続人全員で話し合って決めることを「遺産分割協議」といいます。

遺産分割協議で全員が合意できなかった場合は、家庭裁判所で遺産分割をすることになります。

遺産分割協議のイメージ

解説

基本は、遺言書があれば遺言どおりに分け、遺言書がなければ、民法で定めたとおりに分けることになります。
しかし、実際は相続人全員の話し合いで合意すれば、指定分割や法定分割にこだわる必要はなく、相続財産の分配の仕方は自由です(遺留分等は除く)。遺産分割協議は、相続税の申告期限(相続開始を知った日の翌日から10ヶ月)までに終えて、遺産分割協議書を作成しておくべきです。

  • 相続税の優遇措置が受けられなくなる可能性が高いため。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム