その他

作成日:
コンテンツ番号:1546

共有物分割請求よりも全員で売却

共有持分アドバイザー金本が担当しました「事例でわかる共有持分」として、大阪市北区の一軒家共有持分をお持ちのJ様の相談内容および解決内容をご紹介します。

ご相談内容

亡くなった父と母が遺した築30年になる物件についてです。姉と私の二人で相続し、遺産の遺産分割協議書の作成も済ませました。そして持ち分1/2で登記も完了しています。
誰も住んでいない空き家ですので、亡き母の3回忌が済んだら売却しようという話でした。
が、姉は愛媛在住で、たまに大阪に帰ってきて使う都合があるためか、売却に反対の意思を示しました。
そこで、共有持分を姉が買い取るという申し出が以前あったものの、実際の買い取る行動には消極的です。
昨年秋に買取の話が出たにもかかわらず、実際行動に移さないため、こちらとしては調停か裁判を起こすことも検討していますが、裁判費用や費やす時間を考えると、なるべく避けたい選択ではありますので、今回私の共有持分だけ売却したいと考えています。

姉と二人で相続(持分1/2ずつ)した物件の売却に反対する姉のイメージ

ポイント

  • 相談者にとって一番の最善策とは。

解決までの流れ

共有物分割請求を裁判所に申立てることによって、弁護士費用、不動産鑑定費用等の費用負担はもちろんのことながら、解決に至るまでに要する時間がかかります。また、何より、姉妹間のことなので遺恨を残すことにもなってしまいます。相談者様と協議を行い、再度、当社立会いによる姉妹間の話し合いを持つことになりました。

結果、姉も妹の共有持分を買い取る資金がないとのことと、妹の意向も考慮し姉妹共々で売却する方向になりました。そうすることによって、裁判による解決より任意で売却することの方が姉妹それぞれの実入りも多いということになります。
当社が仲介として販売活動させていただき、最も高値で売却することに成功しました。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム