相続

作成日:
コンテンツ番号:2321

共有されない相続財産

質問 相続財産は遺産分割協議が終了するまでは、共有状態と聞きますが、共有にならない相続財産はありますか?

あります。

詳細解説

共有される財産の代表例は土地や建物の不動産です。それでは、共有されない相続財産にはどういったものがあるのでしょうか。

その代表としては、預貯金があります。預金・貯金の払戻請求権は、相続開始によって当然に共同相続人がその法定相続分に応じて個別に取得することができるものと解されています。よって、原則として遺産分割の対象とはなりません。

共有されない相続財産での通帳とお金のイメージ

そのため、被相続人が残した預貯金は共有されない相続財産になるため、たとえ遺産分割協議をしていなかったとしても、相続の開始によって自分の相続分については個別に払い戻すことが可能となっています。

  • しかし、実際には銀行側が後にトラブルが発生することを懸念し、相続人全員の合意がない場合は、払い戻しに応じてくれないケースがほとんどです。

預貯金ではなく、現金の場合

それでは、現金の場合はどうでしょうか。現金は預貯金の払戻請求権と異なり、相続開始と同時に共同相続人にそれぞれの法定相続分に応じて当然に分割されるわけではありません。

現金はあくまで有体物である動産と解することができます。そのため、預金・貯金払戻請求と異なり当然に共同相続人に分割取得されるものではなく、遺産分割によりはじめて個別の具体的相続分が定まるものとされています。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム