相続

作成日:
コンテンツ番号:1848

心配いらない相続登記・遺産分割協議書

ご相談内容

数年前に亡くなった親名義の実家に長男夫婦が住んでいます。
親と同居していた長男夫婦は当然のように住んでいますが、相続人は私を含め複数おります。長男に相続手続きの話をすると、「親を最後まで面倒見たのは自分たちだ」と繰り返すばかりで相続登記や遺産分割協議書の話がまったく進みません。

ポイント

  • 現在も相続登記未了である。

  • 自分は住んでいないのに不動産の権利(共有持分)はある。

解決までの流れ

すでに亡くなっている推定相続人もいたことから、司法書士に法定相続人らを限定してもらいお客様が単独でおこなえる相続登記手続きを申請、共有持分の登記手続後、自身がご所有の持分のみ売却することに合意されました。

  • 相続登記にかかる費用が数十万に及ぶこともあります。(実費)

相続登記にかかる費用

  1. 登記事項証明書代 1物件につき600円

  2. 要約書にした場合 1物件につき450円

  3. 戸籍、住民票、評価証明書代 数千円

  4. 法務局への交通費又は郵送代 数千円

  5. 登録免許税 固定資産評価額の1000分の4

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム