用語集

作成日:
コンテンツ番号:1649

住宅ローン控除とは

意義:住宅ローン控除は、正式には「住宅借入金等特別控除」といい、税制上、税額控除のひとつとなっています。税額控除なので、「住宅ローン減税」と言われることもあります。

解説

マイホームを購入する際に住宅ローンを借り入れていた場合、一定期間にわたってローン残高に応じた金額が所得税から差し引かれる(還付される)というものです。

税額控除とは、社会保険料控除や生命保険料控除など、所得税を計算する前に差し引かれる所得控除とは異なり、計算された所得税から税金が差し引かれ、納め過ぎた税金が戻ってくるというものです。

条件としては、控除を受ける年の合計所得金額が3,000万円以下であること。そのほか、居住用の不動産取得に限定されます。

  • ただし床面積の2分の1以上が居住用であれば住宅ローン控除が適用されます。

床面積の半分までは店舗や事務所利用、貸家でもOKということです。

床面積について

税制上の床面積は「登記簿記載の面積」で、販売資料や売買契約書に記載された床面積とは異なります。50平米に満たなければ適用外となりますので、取得の際は登記簿面積を確認しておくことが重要です。

住宅ローン控除のイメージ

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム