用語集

作成日:
コンテンツ番号:1598

復代理人

意義:代理人が本人を代理させるために選任した者のこと

復代理人とは上記のように代理人が別に立てた代理人のことをいいます。例えば、本人から100万円で車の売買契約の代理を授権された場合に代理人が車に詳しくないため、更に代理人(復代理人)を立てるケースがこれに当たります。

代理人が任意による代理か法定代理人かによって、復代理人を選任できる条件が異なってきます。

本人(信頼して任す)→代理人(復代理人を選任しても代理人は代理権を失わない|専任)→復代理人→相手方と契約→本人に効果帰属

任意代理の場合

(任意代理人による復代理人の選任)
民法104条:「委任による代理人は、本人の許諾を得たとき、又はやむを得ない事由があるときでなければ、復代理人を選任することができない。」

任意代理の場合は本人の許諾を得たか、やむを得ない事由がある時でなければ、復代理人を選任することはできません。

法定代理の場合

  • 法定代理とは親子関係などの場合をいいます。

(法定代理人による復代理人の選任)

民法106条:「法定代理人は、自己の責任で復代理人を選任することができる。この場合において、やむを得ない事由があるときは、前条第一項の責任のみを負う。」

一方、法定代理人の場合は代理人自らの責任で復代理人を選任することができます。

復代理人の権限

復代理人の権限を見てみましょう。

(復代理人の権限等)
民法107条1項:「復代理人は、その権限内の行為について、本人を代表する。」
同条2項:「復代理人は、本人及び第三者に対して、代理人と同一の権利を有し、義務を負う。」

とあるように、代理人と同様の権限義務を負うようになります。復代理人がした復代理行為は当然、本人に帰属することになります。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム