事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 共有不動産 」 一覧

⑯共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方

前回は、共有不動産の鑑定評価について解説しました。今回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を見ていきます。司法書士にも「専門分野」がある共有状態を解消した場合には、持分登記の抹消を行

続きを見る

⑮共有不動産の鑑定評価・・・具体的な「3つの方法」とは?

前回は、不動産の共有名義人の一人が「行方不明」の場合の対応について解説しました。今回は、不動産の鑑定方法を見ていきます。客観的な基準に基づいて行われる「鑑定業務」第11回で述べたように、持分を処分する

続きを見る

④共有不動産の「持分」を売却できない典型的なケースとは?

前回は、共有名義不動産の一部売却における、買い手の選び方を解説しました。今回は、共有不動産の「持分」を売却できない典型的なケースについて見ていきます。農地の持分は農業を営んでいる人にしか売却できない前

続きを見る

共有者間で共有不動産の分割協議がまとまらない。

現在、土地をABCがそれぞれ持ち分3分の1ずつで共有していますが、共有者間で共有地の分割協議がまとまらずに、共有物分割訴訟を提起し、裁判中です。 しかし、弁護士からは換価競売の可能性があります。と言わ

続きを見る

共有不動産とは

共有不動産意義:「共有(名義)不動産とは、一つの不動産を「持分」という割合で複数人の共有者が持ち合う状態を言います。」共有不動産とは、「共有」状態ある「不動産」のことを言います。各々が持分割合の範囲で

続きを見る

利害関係人とは?

利害関係人意義:利害関係人とは、一定の法律上の行為、行政庁の処分、人の地位などについて、その直接の当事者ではないものの、法律上の利害関係を有する者のことを言います。 例えば民法952条:「…

続きを見る

共有不動産の抵当権設定について

共有関係の土地・建物に抵当権が設定された場合について ①土地持分に抵当権が設定された場合  AB共有土地上にA単独所有の建物が存在している場合、Aの土地持分に設定されていた抵当権が実行されCが買受人(

続きを見る

共有名義・共同名義の土地や不動産売却には共有者全員の同意は不要

共有名義や共同名義の不動産を売却したいが共有者全員の同意が必要ですか?という問合せをよくいただきます。結論から申しますと「共有者全員の同意は不要」です。売却時に必要なものは、下記2点のみです。【共有名

続きを見る

共有不動産の相続人に外国人がいる場合の相続登記について

配偶者などの相続人の中に外国人(外国籍)がいる場合、相続登記の手続きはどうなるのでしょう? 外国籍の方が係わる相続のことを渉外相続といいますが、相続人の国籍によって手続きの方法が大きく変わってきます。

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑