お知らせ

更新日:
作成日:
コンテンツ番号:258

【2020/02/26発売】『おとなの週刊現代』にコメントが掲載されました。

おとなの週刊現代 掲載

2020年2月26日発売|おとなの週刊現代表紙
雑誌名週刊現代別冊「おとなの週刊現代」「死後の手続き2020年改訂新版」
発売日2020年02月26日
著者/編集週刊現代
出版社講談社

内容情報(出版社より)

累計40万部の「死後の手続き」シリーズの2020年改訂新版。
2020年4月からスタートする「配偶者居住権」制度は、夫に先立たれた妻が遺産分割で自宅に住めなくなるのを回避するためにできたもの。ただし、夫婦の年齢差や子どもとの関係によって、使ったほうがいいケースと使わないほうがいいケースがある。

さらに2020年7月から始まる「自筆証書遺言の保管制度」は、人生最後のメッセージである遺言書の作り方も変える。

新制度に対応するポイントはもちろん、死後の何日目までに、どこに、どんな書類を出せばいいのかなど、基本情報も見やすい図版・表入りで解説。この一冊で、あなたや老親の「死後の手続き」は断然スムーズになる。

当社代表のコメントが掲載されました。手にとってご覧頂ければ幸いです。

2020年2月26日発売|おとなの週刊現代|紙面1
2020年2月26日発売|おとなの週刊現代|紙面2

■こちらのリンクもご覧ください

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム