共有不動産の自己持分を現金化するメリット・デメリットはどのようなものがありますか?

作成日:

メリット

  1. 自己の不動産持分のみを自己のタイミングで売却できる

  2. 親族間の争いから抜け出し、精神的に解放される

  3. 後顧の憂いがなくなる

デメリット

  1. 共有者全員で売却した場合よりも割安になる

  2. 他の共有者たちが不満を抱く可能性がある

  3. 第三者が共有者に加わる

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム