共有名義不動産のトラブル原因ナンバー1は何ですか?

作成日:

共有者全員の意見が纏まらないことです。
基本的に親族である共有者たちですが、いろんな事情により不仲になり自分一人のモノだと主張する共有者がいたり特定の共有者だけが住んでいる場合は話し合いも平行線をたどるばかりです。
円満に解決しようとするあまり時間だけが過ぎて重いストレスを抱えてしまうのです。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム