共有名義の不動産を勝手に売却することはできるのでしょうか?

作成日:

自己の持分であれば、単独で売却は可能です。(民法206条)
ただ、共有不動産の場合価値は低くなってしまうことも多いため、他の共有者の同意を得て全てを売却する換価分割、もしくは他の共有者に自己の持分を買い取ってもらう(代償分割)がおすすめです。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム