用語集

作成日:
コンテンツ番号:2200

代価弁済

意義:抵当不動産について所有権等を買い受けた第三者が、抵当権者の請求に応じその抵当権者にその代価を弁済すること

(代価弁済)

民法378条:「抵当不動産について①所有権又は地上権を買い受けた第三者が、②抵当権者の請求に応じてその抵当権者にその③代価を弁済したときは、④抵当権は、その第三者のために消滅する。」

抵当権消滅請求との違い

(抵当権消滅請求)

民法379条:「抵当不動産の第三取得者は、…抵当権消滅請求をすることができる。」

とあるように、代価弁済は抵当権者の請求があって代わりに弁済するのに対し、抵当権消滅請求は抵当権者の請求がないにもかかわらず、第三取得者自ら進んで(請求して)抵当権の消滅をして下さい!とする点で異なります。

代価弁済の要件

①所有権または地上権の第三取得者

→抵当権が設定されている不動産につき、第三取得者が「所有権」または「地上権」を買い受けたこと

  • 地上権を買い受けるとは、地上権の全存続期間の地代を一括して支払った場合

②抵当権者の請求

抵当権者の請求に応じてするのが代価弁済であり、抵当権消滅請求とはこの点で大きく異なります。

③代価の弁済

抵当権者の提示した価格を支払うこと

④代価弁済により抵当権は消滅します。

  • 残債務がある場合は無担保債務として存続します。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム