相続

作成日:
コンテンツ番号:1704

相続回復請求権の消滅時効

民法884条:「相続回復の請求権は、相続人又はその法定代理人が相続権を侵害された1.事実を知った時から5年間行使しないときは、時効によって消滅する。2.相続開始の時から20年を経過したときも、同様とする。」

時効

「事実を知った時から5年間」

→こちらは、消滅時効と解されており、時効の中断をすることができます。

  • 時効の中断:時効の進行を一時的にストップさせることで、請求や差押えにより時効の進行は停止します。

除斥期間

「相続開始の時から20年を経過」

→こちらの期間は除斥期間とされ、中断事由があっても期間進行が止まることはありません。

相続開始の時から20年が経過してしまうと問答無用で、請求権が無くなってしまいます。

  • 相続開始を知った時点から5年目で中断事由が発生しましたが、期間が経過してしまった場合(相続開始の時から20年)、相続回復請求権を行使することはできません。

相続時回復請求権の時効|自分の相続権を侵害されていることを知った日から5年|もしくは相続開始から20年

■こちらのページもご覧ください

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム