その他

作成日:
コンテンツ番号:1062

マンションの共有持分を売却後、
リースバック方式に

共有持分アドバイザーの松本が担当しました「事案でわかる共有持分」として、京都市左京区のマンション共有持分をお持ちのA様の相談内容と解決内容をご紹介させていただきます。

質問 母と共同名義で購入したマンション(1LDK)に私一人が住んでいます。
事業上、資金が必要で前から、他社の不動産会社に依頼し売却の方向で進めていますが、なかなか売れません。
今月中に資金を工面しなくてはなりませんので、私名義の共有持分だけでも売却し資金化したいのです。
御社で買い取っていただけないでしょうか。

ポイント

・母の共有持分も売却できるか。

解決までの流れ

相談者様からのヒアリングにより、売却については親御様の了承なく進めているとのことでした。本来ならば、他の共有持分権者の方も一括でご売却をする方が、相談者様にとっても相応の売却益を見込めるものの、至急、現金化をしないといけない事情もあり、当社提携不動産鑑定士の助言と当社査定により、

相談者様の共有持分のみを買い取りさせていただくことになりました。
また、買戻しも可能とするリースバック方式にて、相談者様と当社間で賃貸借契約を締結することによって、住まいの問題も解決することができました。

共有持分の売却査定価格を知りたい方は、
今すぐお問い合わせ下さい。

売却サポートの特典として、通常、有料で提供している不動産鑑定士による調査報告書も含まれた持分の売却査定を現在無料で実施していますのでこの機会にお早めにお問い合わせください。

お気軽にご相談ください 無料相談フォーム