共有名義不動産に関する用語集や豆知識

   

基礎知識

共有名義不動産に関する知っておくべき基礎知識や用語、
よくある質問の内容についてご確認ください。

  • 共有名義不動産を解決する基本的な3つの方法
    • 固定
    • 2017/11/16

    共有名義不動産を解決する基本的な3つの方法

    共有名義の不動産を所有する機会は多岐に渡りますが、その解決方法は主に3つです。例を示しながら解決方法を説明します。父が亡くなり90坪の土地を兄妹3人で相続することになりました。

  • 共有名義不動産(共有持分)とは?
    • 固定
    • 2016/12/12

    共有名義不動産(共有持分)とは?

    単に複数人で共同所有(共同名義・共有名義)している場合だけではなく、親族の死亡によって突然共有持分を相続する場合もあります。
    共有不動産を売却したくても意見がまとまらない…

  • 共有名義・共同名義の土地や不動産売却には共有者全員の同意は不要
    • 固定
    • 2016/03/14

    共有名義・共同名義の土地や不動産売却には共有者全員の同意は不要

    共有名義や共同名義の不動産を売却したいが共有者全員の同意が必要ですか?という問合せをよくいただきます。結論から申しますと「共有者全員の同意は不要」です。売却時に必要なものは、下記2点のみです。

  • 要件事実
    • 用語集
    • 2017/10/30

    要件事実

    要件事実とは、一定の法律効果が発生するために必要な具体的事実

  • 共同所有の形態(共有・総有・合有)
    • 用語集
    • 2017/10/30

    共同所有の形態(共有・総有・合有)

    共有 数人がそれぞれ共同所有の割合としての持ち分を有して、1つの物を所有すること。 ①各共有者はその持ち分につき処分の自由を有します。 ②各共有者は共有物につき持分に応じた分割請求の自由(民法256条1項本文)を有します。 合有  各共有者

  • 負担付贈与
    • 用語集
    • 2017/10/27

    負担付贈与

    贈与に負担がついているとは、プラスの財産とマイナスの財産を一緒に贈与するということで、例えば、1億円の土地を贈与するかわりに借入金3000万円の負担させる場合などです。 負担付贈与を受けたときは、贈与財産の価額からマイナス分を引いた金額に

  • 寄与分
    • 用語集
    • 2017/10/26

    寄与分

    寄与分とは、被相続人の生前に、その財産の維持や増加に影響するような貢献をした相続人がいる場合、他の相続人との間の不公平を是正するために設けられた制度

  • 二重起訴(重複起訴)の禁止
    • 用語集
    • 2017/10/25

    二重起訴(重複起訴)の禁止

    二重起訴(重複起訴)の禁止【民事訴訟法142条】:裁判所に係属する事件については、当事者は、更に訴えを提起することができない。

  • 弁論主義
    • 用語集
    • 2017/10/24

    弁論主義

    弁論主義とは、事実・証拠の収集を当事者の権能と責任に委ねるという原則のこと。

  • 補助参加
    • 用語集
    • 2017/10/23

    補助参加

    補助参加とは、他人間の訴訟の結果について利害関係のある第三者が当事者の一方を補助するために訴訟に参加すること(第三者が自発的に訴訟に参加します⇔訴訟告知)

  • 共同訴訟(固有必要的共同訴訟)
    • 用語集
    • 2017/10/20

    共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

    共同訴訟(固有必要的共同訴訟)民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であるとき、又は同一の事実上及び法律上の原因に基づくときは、その数人は、共同訴訟人として訴え、又は訴えられることができる。訴訟の目的である権利又

  • ⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法
    • トラブル続出の不動産「共有名義」を解消する7つの手法
    • 2017/10/11

    ⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

    「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。