センチュリー21中央プロパティー

   

フリーダイヤル

無料相談

基礎知識

用語集

作成日:2018.08.20

訴えの取下げ

訴えの取下げについて

コンテンツ番号:330

訴えの取下げについて

意義:原告が訴えを撤回する行為のこと


(訴えの取下げ)

民事訴訟法261条1項:「訴えは、判決が確定するまで、その全部又は一部を取り下げることができる。」

(訴えの取下げの効果)

民事訴訟法262条1項:「訴訟は、訴えの取下げがあった部分については、初めから係属していなかったものとみなす。」

同条2項:「本案について終局判決があった後に訴えを取り下げた者は、同一の訴えを提起することができない。

とあります。


原告は被告に対しての訴えを判決が確定するまではいつでも、「全部」または「一部」を取り下げることができます。

「一部」というのは、例えば、AがBに対して100万円の貸金返還訴訟を提起していた場合にその一部である50万円部分については取り下げるような場合を言います。

効果は262条1項にあるように「初めから継続していなかったものとみなす」とされているので、既判力は生じず、再び訴えを提起すること自体は可能になります。

ただし、262条2項にあるように、終局判決が下された後に訴えを取り下げた場合には、同一の訴えを提起することはできません。 

裁判所が終局判決を下している以上、既判力が生じ再び同じ請求権について訴えを提起することは訴訟経済、また、被告の応訴の煩になるため認められません。


例えば、上述の例では終局判決「Aの請求は棄却する」という判決が出た後に、訴えを取り下げた場合、改めて裁判所にAがBに対する
100万円の貸金返還請求権についての訴えを提起することができないということです。

※既判力とは、前の裁判における判断内容の後の裁判への拘束力のこと

共有持分の売却査定

不動産共有持分をどういう人たちが買うの?

共有不動産の自己持分を現金化(売却)するメリット・デメリットとは?

共有名義不動産の自己持分のみの売却理由ランキングを公開!

みんなが知りたがる“共有持分3つの質問” (いくらで売れる?誰が買う?買ってどうするの?)
共有名義不動産(共有持分)とは?

その他の記事

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!

共有持分の専門家(弁護士)

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お客様相談室お客様相談室

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

無料相談

相談の流れ

相談の流れ

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!