センチュリー21中央プロパティー

   

フリーダイヤル

無料相談

基礎知識

用語集

作成日:2017.06.23

離婚(財産分与など)

コンテンツ番号:2671

解説

alt離婚(財産分与など)

現行法上、離婚の種類は…

①協議離婚

②調停離婚

③審判離婚

④裁判離婚(裁判上の離婚)に分けられます。

alt離婚(財産分与など)

1、協議離婚

民法763条:「夫婦は、その協議で、離婚をすることができる。」
当事者が話合い(協議し)離婚するという、一番多い類型になります。
協議離婚の成立には戸籍法の定めるところにより届け出ることを要します。

2、調停離婚

※調停前置主義
家事事件手続法257条:「第二百四十四条の規定により調停を行うことができる(※離婚)事件について訴えを提起しようとする者は、まず家庭裁判所に家事調停の申立てをしなければならない。」
離婚はいきなり訴訟を提起することはできず、まず調停を実施する必要があります(調停前置主義)。
これが不調に終わると…


3、審判離婚

家事事件手続法284条:「家庭裁判所は、調停が成立しない場合において相当と認めるときは、当事者双方のために衡平に考慮し、一切の事情を考慮して、職権で、事件の解決のため必要な審判(以下「調停に代わる審判」という。)をすることができる。」
とあり、調停が不調に終わってしまった場合は裁判所が職権で審判をすることができます。
職権により審判が無い場合、当事者はいよいよ・・・

4、裁判離婚

民法770条:「夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一  配偶者に不貞な行為があったとき。
二  配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三  配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四  配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五  その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。」
裁判所に訴えを提起し、離婚の判決を求めることになります。
裁判上の離婚に発展するのは全体の1パーセント程度となります。


5、離婚の効果

①婚姻関係の解消
②復氏(婚姻前の苗字に戻る)
③財産分与
※未成年の子がいる場合は、親権者等を決める必要があります。

共有持分の売却査定

不動産共有持分をどういう人たちが買うの?

共有不動産の自己持分を現金化(売却)するメリット・デメリットとは?

共有名義不動産の自己持分のみの売却理由ランキングを公開!

みんなが知りたがる“共有持分3つの質問” (いくらで売れる?誰が買う?買ってどうするの?)
共有名義不動産(共有持分)とは?

その他の記事

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!

共有持分の専門家(弁護士)

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お客様相談室お客様相談室

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

無料相談

相談の流れ

相談の流れ

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!