共有持分を積極的に購入する海外投資家

   

共有持分を積極的に購入する海外投資家が増えている理由とは?

首都圏を中心に空室率が上昇

2015年1月1日からの相続税増税の対策でアパート建築がいっきに増加した背景もあり、首都圏を中心に賃貸物件の空室率が上昇しています。投資用不動産として人気だった都内の中古ワンルームマンションは、ここ数年は価格が上昇、利回りは下降傾向に。新築ワンルームマンションも価格の高騰が続き、利回りも年々下降傾向にあり、4%前後となっています。

一方、共有持分の売買市場は、共有名義不動産のトラブルが増加の一途をたどり、共有状態の解決策として一戸建てやマンションの共有持分のみを売却する所有者も急激に増加している背景があります。不動産投資としての共有持分の購入は、利回りも安定した実績があるため、海外投資家が年々増えている状況です。また、従来のアパート経営やワンルームマンションの購入による不動産投資は、賃料の下落や空室によるリスクが増していることも共有持分の売却市場の増加に起因しているといえます。

競合が少ない

権利関係が難しく専門性が高いので一般の不動産会社では扱うことが難しいため参入障壁が高い。現在、共有持分の売買を専門的に仲介できる不動産が少ないため、適正な価格で購入しやすい状況。

不動産投資案件としての実績

2000件を超える共有持分のご相談をいただいており、それを解決するため当社が独自で築きあげてきた海外投資家ネットワークを使って不動産投資案件として実績を積み重ねている。

エージェントとして投資家様との信頼関係を構築できている。

郊外や地方の物件も投資対象に

通常のアパートやワンルームマンションなどの投資用物件は、首都圏の一部に限定されますが、共有持分は、空室リスクを考える必要性がないため、郊外や地方の物件も安価で利回りが期待できることも複数のポートフォリオでリスクを分散したい海外投資家が購入する理由になっています。

成長性のあるニッチな不動産市場

従来のワンルームマンションなどの投資用不動産の市場が飽和状態の中、相続や離婚による共有名義不動産のトラブルが急増しているため「共有持分」の売買市場は、成長している背景があります。

  • 日本の不動産マーケットで共有名義不動産を求める海外の投資家たち

  • なぜ、海外の投資家は、共有名義不動産(共有持分)を求めるのか?

  • 共有持分を積極的に購入する海外投資家が増えている理由とは?

  • 中央プロパティーが海外の個人投資家から選ばれる理由とは?

  • 投資家が購入した後の共有持分不動産はどうなるのか?

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!