センチュリー21中央プロパティー

   

フリーダイヤル

無料相談

日本の不動産マーケットで共有名義不動産を求める海外の投資家たち

外国人の投資家は増えているのか?

2015年ぐらいから東京オリンピックを見据えて海外投資家、中でも中国人が首都圏のマンションを購入しているという情報がニュースや新聞、Webメディアで報じられていたが、近年もairbnb(エアービーアンドビー)を代表に民泊が活況であり外国人投資家の不動産投資熱は、勢いを増しています。

各国の不動産利回り情報などがわかる「GLOBAL PROPERTY GUIDE」というサイトがありますが、海外から見た日本国内の不動産市場についてJapan’s housing market remains buoyant「日本の住宅市場は依然として好調」などの情報が確認できます。
海外の投資家が日本国内の不動産を購入するのは、当然利回りという収益性も魅力的ではありますが、その他の要素として他の国ではそもそも不動産が購入できない法律や規制があるケースが多く、日本は、海外投資家による不動産購入の規制などがない点などが買いやすい理由にもなっています。

また、不動産私募ファンドを組成・運用する三井住友トラスト基礎研究所のレポートによると海外投資家が日本の不動産に投資を行う理由の上位には、「イールドギャップにより相対的に魅力が高い」、「グローバルなポートフォリオの中でアロケーションしたい」、「インカムの安定性が高い」、「不動産市場の規模が大きい」 および「政治的・経済的な安定性が高い」との回答が並んだとのこと。これらの項目は過去の調査においても上位に挙げられており、海外投資家資金が日本の不動産市場へと向かう要因として定着しているのが分かります。

参考資料:三井住友トラスト基礎研究所(PDF)

  • 日本の不動産マーケットで共有名義不動産を求める海外の投資家たち

    日本の不動産マーケットで共有名義不動産を求める海外の投資家たち

  • なぜ、海外の投資家は、共有名義不動産(共有持分)を求めるのか?

    なぜ、海外の投資家は、共有名義不動産(共有持分)を求めるのか?

  • 共有持分を積極的に購入する海外投資家が増えている理由とは?

    共有持分を積極的に購入する海外投資家が増えている理由とは?

  • 中央プロパティーが海外の個人投資家から選ばれる理由とは?

    中央プロパティーが海外の個人投資家から選ばれる理由とは?

  • 投資家が購入した後の共有持分不動産はどうなるのか?

    投資家が購入した後の共有持分不動産はどうなるのか?

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!

共有持分の専門家(弁護士)

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お客様相談室お客様相談室

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

無料相談

相談の流れ

相談の流れ

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。

共有名義不動産トラブルの解決策をご提案します。

共有持分の売却について

2000件を超える解決実績

動画でわかる!共有名義不動産

主な7つの解決方法

家族信託のすすめ

共有名義の不動産 基礎知識

書籍の紹介

メディア出演 掲載実績

国内の共有持分売買市場について

借地権・底地も専門仲介で売却!