事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

専門スタッフ紹介

私たちは、任意売却の実績が豊富な弁護士、不動産鑑定士、司法書士、税理士と連携することで売却から新しい一歩までを安心して任せていただける体制を整えています。 チーム一丸でお客様をサポート

19     代表取締役 松原 昌洙 (センチュリー21 中央プロパティー)
離婚や相続に伴う不動産の売却や対策に限らず、現在「共有関係」にある不動産持分を中立公正な立場に立ち、解決方法を「見える化」し、センチュリー21共有持分チーム及び専門家たちとご提案いたします。

ライン

    不動産鑑定士 大村 進 (株式会社大村不動産鑑定事務所)
不動産共有持分の鑑定評価を不動産市場に成り代わって、地域の環境や諸条件を考慮して客観的かつ適正に算出します。社団法人千葉県不動産鑑定士協会理事歴任後、現在東京不動産鑑定士会副会長を務める。

ライン

    弁護士 塩谷 昌則 (エルピス総合法律事務所)
相続人が多数に及ぶ場合、相続放棄、遺留分、限定承認、遺産分割問題など様々な問題からトラブルが発生します。お客様のご事情、お話をしっかりと聞き、法律の専門家として誠意をもってアドバイスいたします。

ライン

    弁護士 岡田 卓巳 (志賀・飯田・岡田法律事務所)
我々は不動産売買・賃貸借における紛争解決、相続・離婚などお客様のご依頼をカスタムメイドでお引き受けし、問題解決を図る法律のプロフェッションたる弁護士として「安心」を提供いたします。

ライン

    弁護士 山内 亘 (みらい総合法律事務所)
相続や借地借家、同族会社など個人の資産にかかわる案件から企業法務まで幅広い分野において依頼者の権利を実現するために、全力を尽くします。
<主な案件> 不動産関係・債務整理・相続・各種訴訟案件など

ライン

    司法書士 高橋 朋宏 (経堂司法書士事務所)
裁判業務・特に、債務整理の案件では延べ100名以上の経済的再生に貢献。現在は登記業務に力を入れ、豊富な経験と人当たりの良さで、お客様に安心してご依頼いただけるサービスを心がけています。

ライン

    司法書士 永田 泰伸 (司法書士永田事務所)
親切・安心・丁寧をモットーとし、成年後見人等の財産管理業務、遺産分割協議書の作成や相続登記業務を専門とする。自己破産・民事再生等の債務整理の手続き業務も取り扱っております。

ライン

8     司法書士 森川 英太 (司法書士森川英太事務所)
「登記・供託」「裁判事務」「成年後見業務」他、数多くの民事信託・家族信託業務を手掛け地域の皆様が安心して生活できるように、「心のこもったリーガルサービス」で、確かなサポートをご提供します。

ライン

7     司法書士 辻 美沙樹 (司法書士森川英太事務所)
人と人との繋がりや出会いを大切に、親しみやすくきめ細やかな対応を心掛けています。登記・裁判・成年後見、その他にも、司法書士がお手伝いできることは広い範囲にわたっています。様々なご相談を承ります。

ライン

    公認会計士 金 徹来 (金徹来公認会計士事務所)
医師に内科、外科などの専門分野があるように、会計士も同じです。特に相続税・事業承継・資産税に特化した会計業務を得意とし、「お客さまのために」を信条として誠心誠意サポートさせていただきます。

ライン

13     税理士 山口 義重 (山口税理士事務所)
“税理士は先生稼業ではなくサービス業である”を原点にお客様が抱えていらっしゃる問題や心配事を一つ一つ解決していけるような存在でありたいと考えております。問題解決の近道となれば幸いです。

ライン

14     税理士 福島 健太 (福島健太税理士事務所)
相続や不動産税務に強い税理士として事業承継なども得意とする。相続税申告について、数千万規模~数十億円規模の案件を手掛ける実績をもとに、節税や資産運用、効果的な相続分割に対するアドバイスを行う。

ライン

    土地家屋調査士 根岸 修 (土地家屋調査士法人森事務所)
所有者の皆様に代わって、境界の調査、土地建物の測量、登記申請手続、筆界特定申請手続など、不動産の物理的状況を正確に登記記録に反映させるために、必要な調査及び測量を正確におこないます。

ライン

 香月鋼司     宅地建物取引士 香月 鋼司 (センチュリー21 中央プロパティー)
売買契約書の作成や重要事項説明を担当しております。その売却対象物件を関係官公庁にて調査を行い、売却後のトラブルを回避する事がお客様満足度の向上、弊社の信頼に繋がります。

ライン

松本喜路     任意売却プランナー 松本 喜路 (センチュリー21 中央プロパティー)
昨年度およそ4,000名のセンチュリー21営業マンの中、売上TOP100に入賞(称号『センチュリオン』)今年度は東京エリア第2位の成績を収めております。後悔しない“共有持分”の解決を!

ライン

    相続コーディネーター 新田 皓平 (センチュリー21 中央プロパティー)
不動産全体の売却は共有者全員の意思が必要です。しかし自己持分のみの売却は、他の共有者の承諾や同意は全く必要ないのです。法的にも問題ありません。持分に精通したスタッフが円満解決に向けてサポート致します。

ライン

原本 大源     相続コーディネーター 原本 大源 (センチュリー21 中央プロパティー)
「共有名義の不動産」で抱えたトラブルは身内同士だからこそ解決できない微妙な問題が絡み合っています。いち早く共有関係を離脱したいお客様と投資家たち(買主)をつなげて“安心”できる取引を遂行します。

ライン

3     相続コーディネーター 阿部 涼乃 (センチュリー21 中央プロパティー)
離婚後、もしくは離婚を前提に夫婦共有名義の自己持分のみを処分する方が年々増え続けております。協議離婚によって“共有名義”の不動産問題を抱えている方々、お気軽にお問合せ下さい。

ライン

2     相続コーディネーター 高野 未来(センチュリー21 中央プロパティー)
共有者間のトラブルによる経済的、心理的不安を解消できれば最善です。正しい知識で最良の解決方法をご提案致します。深刻なトラブルに発展する前に持分を得意とするセンチュリー21中央プロパティーにお任せ下さい。

ライン

1     相続コーディネーター 竹本 亜美 (センチュリー21 中央プロパティー)
相続が発生し、複数の法定相続人で相続する。これが、のちのち最大のトラブルの原因となります。全員の意見が一致せず、自己の権利を有効利用できないのです。専門的な知識と長年の経験でご相談にお応え致します。

ライン

まずは相談

共有部分のご相談なら!
持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a
共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのように

中途半端な遺言a
中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つ

img_e1e3f3944c22cb6ab8081b4184a1d3f7723256[1]
⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑