共有持分の不動産の売却について

   

相談事例

相続や離婚などで所有された「共有不動産」に関するお悩み。
私たちがお手伝いした事例を通じてご紹介します。

  • 土地持分として相続されたケースの相談および解決内容
    • 底地
    • 2017/11/16

    土地持分として相続されたケースの相談および解決内容

    こんばんは! 今日も朝からバタバタとしましたが、一日もあっと言う間に終わってやっと、パソコンの前に座ってる共有持分アドバイザー松原でございます! 本日、「事例でわかる」内容として、担当させていただいた神戸市東灘の土地持分(底地)として相続されたM様の相談および…

  • 不動産持分を夫婦で共有していたケース【離婚後】
    • マンション
    • 2017/11/16

    不動産持分を夫婦で共有していたケース【離婚後】

    持分アドバイザーの松原です。今回は離婚に伴う不動産持分の売却のケースです。不動産持分に関する相談で離婚に伴う売却は多くいただいております。今回は離婚後に妻の持分を売却したケースの事例です。

  • 共有名義・共同名義相続のトラブル事例
    • 一軒家
    • 2017/11/16

    共有名義・共同名義相続のトラブル事例

    相続アドバイザー松原が担当しました「事例でわかる共有持分」として、神奈川県川崎市の一軒家共有持分をお持ちのY様の相談内容および解決内容をご紹介します。

  • 共有者の感知しないところでの共有持分の売却
    • 2017/07/20

    共有者の感知しないところでの共有持分の売却

    ABCの3人で共有している家屋甲があり、ここにはBCが住んでいました。 ところが、Aは自己の持ち分を投資家Dに売ったとBCへ連絡がありました。 BCは困った…出て行かなければならないのかと不安に思っています。

  • 共有の一部分割
    • 2017/06/13

    共有の一部分割

    兄弟ABCで父の土地を相続し、遺産分割協議で、3分の1ずつ共有の登記をしました。 そのうち、Cだけが急にお金が必要になり、「土地を分筆してくれ」と言い出しました。どうやら、Cは分筆後、第三者に売る予定だそうです。このようにABは共有のまま

  • 経費(管理)分担に応じてくれない共有者がいる時の対処法
    • 2017/06/12

    経費(管理)分担に応じてくれない共有者がいる時の対処法

    A、B、Cが家を共有しています。雨漏りがひどいので修理することになり、修繕しましたがその代金(総額300万円)をCが一向に支払いません。A、BはCに対して修繕費を請求できないのでしょうか?

  • 調停・裁判中の持分売却
    • 2017/06/09

    調停・裁判中の持分売却

    調停・裁判中でも持ち分を売却できますか?また裁判中でも売却可能でしょうか?

  • 破産管財案件及び担保権がついたままでの共有持分について
    • 2017/06/08

    破産管財案件及び担保権がついたままでの共有持分について

    破産管財案件は取り扱ってもらえるのでしょうか? また担保権がついたままでの取引は可能でしょうか?

  • 共有されない相続財産
    • 2017/05/24

    共有されない相続財産

    相続財産は遺産分割協議が終了するまでは、共有状態と聞きますが、共有にならない相続財産はありますか?

  • 不動産相続登記の期限
    • 2017/05/23

    不動産相続登記の期限

    不動産の相続登記(名義変更)はいつまでにしなければならないの?

  • 不動産の共有相続のデメリット
    • 2017/05/22

    不動産の共有相続のデメリット

    不動産を共同相続した場合のデメリットとは?

  • 第三者の共有解消方法
    • 2017/05/19

    第三者の共有解消方法

    CはAから土地を譲り受けました。この土地はAの父から相続された土地であり、相続人はAの他にBがいます。※Aは自己の法定相続分である2分の1をCに譲渡しました。その後CはBとの共有関係を解消したいと思うようになりました。このように相続人(A)から共同相続人以外の…

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。