共有持分の不動産の売却について

   

相談事例

相続や離婚などで所有された「共有不動産」に関するお悩み。
私たちがお手伝いした事例を通じてご紹介します。

  • 深刻化する空き家空き地問題と共有
    • 一軒家
    • 土地
    • 2019/04/15

    深刻化する空き家空き地問題と共有

    最近空き家や空き地が多くなり深刻だと聞きます。空き家や空き地は処分してしまえば整理でき、そこまで深刻になるとは思えません。なぜでしょうか?

  • 第三者の共有者からのうれしい提案
    • 一軒家
    • 2019/04/08

    第三者の共有者からのうれしい提案

    AB兄弟は共同相続した1軒家がありますが、現在はだれも住んではいない空き家で、しかもかなり老朽化しています。先日弟のBから「資金がいるので持分を売却したい」という申し出がありました。しかも、兄であるAに買い取ってほしいという内容でした。

  • 強制競売により第三者との共有に
    • 2019/04/01

    強制競売により第三者との共有に

    兄弟で土地を共有していましたが、弟は自己の持分に抵当権を設定したため、それが実行され競売手続きが進行してしまっています。トラブルにならないよう何か良い解決策はありますか?

  • 持分の放棄と登記
    • 2019/03/25

    持分の放棄と登記

    共有持分の場合で持分を放棄した場合の登記はどのようになりますか?

  • 相続登記に不慣れな司法書士
    • 2019/03/18

    相続登記に不慣れな司法書士

    先日相続登記を司法書士にお願いしたところミスをしてしまったと言われました。専門家にもかかわらずこのようなことはあるのでしょうか。

  • 離婚した娘が亡くなる。(親が相続、親が売却したい)
    • 2019/03/11

    離婚した娘が亡くなる。(親が相続、親が売却したい)

    ABはともに資金を出し合って不動産を購入、しかしABは5年前に離婚しました。その後Bが亡くなり、夫婦に子が居なかったのでBの親であるCDが不動産を相続しました。このような場合でもCDは自己の持分のみ売却可能か?

  • 50年前に公民館を16人で共同購入の現在
    • ビル・アパート
    • 2019/03/04

    50年前に公民館を16人で共同購入の現在

    A~Pら(16名)は、約50年前に、甲公民館(乙土地も含む)を共同で建てました。その後、少子高齢化が進み、人口は減少…甲公民館も老朽化し、もうほとんど利用されていることもありません、それどころか壊さないと危ないくらいの状況です。A1はAの相続人で、Aが持ってい…

  • なぜ今、相続トラブルが多くなっているのか
    • 2019/02/25

    なぜ今、相続トラブルが多くなっているのか

    最近、相続トラブルが多いように感じます。特段、大金持ちの家でなくても被相続人が亡くなった後、残された兄弟たちが争い、仲たがいになっていくのをよく耳にします。昔とは法律が変わったのでしょうか。それとも何か時代背景があるのでしょうか。

  • 民法改正(相続)のポイント
    • 2019/02/18

    民法改正(相続)のポイント

    民法、特に相続関係での改正のポイントはどこですか?

  • 息子の妻の相続権
    • 2019/02/12

    息子の妻の相続権

    息子の妻が献身的に姑を介護をしていた。息子の妻は姑の遺産を得られるのか?

  • 共有が発生するきっかけ
    • 2019/02/04

    共有が発生するきっかけ

    どのようなケースに共有状態が発生するのですか?共有状態になるのは、面倒と聞くので、この先発生をできるだけ避けたいと考えています。

  • 交換による解決
    • 2019/01/28

    交換による解決

    B兄弟は甲土地と乙マンションを共有しています。Aはとある事情で、乙マンションから出ていくことを考え、自己の所有する甲土地と乙マンションの共有持分を整理しようと考えています。Bに買い取ってもらえればよいのですが、なかなか懐事情は厳しいようです。何か良い解決方法は…

共有名義不動産でお悩みの方は、専門家への無料相談をご活用ください。

共有名義不動産の専門家である私たちが、問題解決を図るため、早期に共有状態を解消するための最適なアドバイスやご提案をいたします。

お電話でかんたんにお話頂いた後、ご面談が必要かどうかご判断いただいても結構です。

私たちは共有不動産のご相談を受けた場合、各専門家らが協議し、共有関係をいかにして解消するのか、
お客様が望む解決案を聞いた上で、実態に即したご提案をさせていただきます。