事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 遺言 」 一覧

中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つでてきました。①遺言書:甲地(評価額9000万円)をABCに相続させ、同様の割合で共有する②遺言書:甲地(評価額9000万円)をA

続きを見る

遺言(特別方式遺言)

1、死亡の危急に迫った者の遺言民法976条1項:「疾病その他の事由によって死亡の危急に迫った者が遺言をしようとするときは、①証人三人以上の立会いをもって、②その一人に遺言の趣旨を口授して、これをするこ

続きを見る

認知

意義:法律上の婚姻関係によらず生まれた子を、その父または母が自分の子だと認める行為民法779条:「嫡出でない子は、その父又は母がこれを認知することができる。」とあります。「母親」も認知できるとあります

続きを見る

相続欠格

相続欠格意義:相続資格がある者が被相続人や他の相続人の生命や遺言行為に対して、故意の侵害をした場合に、相続権を失わせること相続人となることができるのは、子・直系尊属または兄弟姉妹、それに配偶者です。た

続きを見る

遺言とは

意義:遺言とは、自己の死亡後の法律関係を定めるために行う単独行為自筆証書遺言と公正証書遺言 遺言は自筆証書遺言と公正証書遺言に大きく分かれます。 公正証書遺言とは遺言者が口述した遺言内容を公証人が筆記

続きを見る

遺留分とは

遺留分とは、相続人に法律上確保された最低限度の財産。被相続人はその財産を誰に割り当てるか遺言等により指定することが出来ます。これは被相続人の意思を尊重するためではありますが、例えば特定の者(愛人等)に

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑