事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 選び方 」 一覧

⑯共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方

前回は、共有不動産の鑑定評価について解説しました。今回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を見ていきます。司法書士にも「専門分野」がある共有状態を解消した場合には、持分登記の抹消を行

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑