事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 解決手段 」 一覧

①問題の多い共有名義不動産…解決手段の1つ「全部売却」とは?

相続等によって生まれる「共有名義不動産」をめぐるトラブルは、後を絶ちません。本記事では、共有名義を解消する7つの手法を紹介します。一度トラブルが発生すると、共有状態の維持が困難に書籍『あぶない!!共有

続きを見る

共有部分のご相談なら!
要件事実
要件事実

意義:一定の法律効果が発生するために必要な具体的事実。※民事訴訟におい

贈与
負担付贈与

意義:贈与に負担が付いているもの。(負担付贈与)民法553条:「負担付

寄与分
寄与分

意義:寄与分とは、被相続人の生前に、その財産の維持や増加に影響するよう

二重起訴(重複起訴)の禁止
二重起訴(重複起訴)の禁止

(重複する訴えの提起の禁止)民事訴訟法142条:「裁判所に係属する事件

弁論主義
弁論主義

意義:事実・証拠の収集を当事者の権能と責任に委ねるという原則のこと。<

→もっと見る

PAGE TOP ↑