事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 相続放棄 」 一覧

相続発生時の注意点

被相続人Aには相続人BC(いずれもAの子)がいました。Aは生前事業を行っていましたが、家族には内緒にし、A名義で多額の借金を抱えていました。 BはAの残した甲土地の相続分を早速登記・売却、その現金で車

続きを見る

相続の放棄をした者による管理(民法940条)

相続の放棄をした者による相続財産の管理義務があると聞いたのですが、どのようなことでしょうか?民法915条:「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若

続きを見る

代襲相続

意義:本来、相続人となるべき相続者が、相続開始前に死亡または相続欠格・相続排除により相続権を失った者に代わって、その子供達が相続する制度のことです。民法887条2項:「被相続人の子が、相続の開始以前に

続きを見る

相続放棄とは

意義:相続放棄とは、相続の効果を拒否する相続人の単独行為です。民法938条:「相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。」相続放棄をすると、初めから相続人にな

続きを見る

共有持分の相続

共有持分の相続(放棄、限定承認・単純承認)共有持分を相続するか否か悩んでいます。相続しない方法や、相続の際の注意点はありますか?相続をしない場合には、放棄。ただし、持分の全部や一部を処分してしまったな

続きを見る

共有部分のご相談なら!
持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a
共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのように

中途半端な遺言a
中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つ

img_e1e3f3944c22cb6ab8081b4184a1d3f7723256[1]
⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑