事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 相続人 」 一覧

遺言作成に一人の子供が関与

被相続人の遺言を同居の子供が書かせていますがこれは認められるのでしょうか?場合によっては相続権が無くなる場合があります。民法967条:「遺言は、自筆証書、公正証書又は秘密証書によってしなければならない

続きを見る

財産分離

意義:相続人の債権者、あるいは相続債権者及び受遺者には、自己の権利を守るため、相続財産と相続人固有の財産の混同を防ぐための制度のこと民法941条:「相続債権者又は受遺者は、相続開始の時から三箇月以内に

続きを見る

相続財産管理人

意義:家庭裁判所から選任され、相続人のあることが明らかでない相続財産の管理を行う者のこと民法951条:「相続人のあることが明らかでないときは、相続財産は、法人とする。」民法952条:「前条の場合には、

続きを見る

相続能力(特に胎児)

相続能力(特に胎児)意義:相続人となることができる一般的資格のこと相続人は、相続開始時点つまり被相続人が死亡した時点において生存していなければならない、というのが大原則です。民法第886条1項:「胎児

続きを見る

相続放棄とは

意義:相続放棄とは、相続の効果を拒否する相続人の単独行為です。民法938条:「相続の放棄をした者は、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなす。」相続放棄をすると、初めから相続人にな

続きを見る

共有不動産の相続人に外国人がいる場合の相続登記について

配偶者などの相続人の中に外国人(外国籍)がいる場合、相続登記の手続きはどうなるのでしょう? 外国籍の方が係わる相続のことを渉外相続といいますが、相続人の国籍によって手続きの方法が大きく変わってきます。

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑