事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 相続 」 一覧

連帯納付制度(相続税法第34条)

意義:他の相続人が滞納している相続税額まで、連帯納付しなければならない制度のこと【詳細解説】相続が発生すると相続税を支払うことになります。]その際、同じ被相続人から相続した他の相続人が相続税を滞納して

続きを見る

熟慮期間(相続系)

意義:単純承認 相続放棄 限定承認するには相続の開始を知ったときから3ヵ月以内にする必要があり、これを熟慮期間といいます。【詳細解説】民法915条:「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知っ

続きを見る

特別受益の持ち戻し(特別受益者の相続分)

ABの父親が亡くなり、相続財産は本件土地(時価1000万円)のみです。 Aは遺産分割協議が整う前に自己の相続分である2分の1も持分を第三者に売却しました。 ただ、Aだけ父親から2000万円程度の資金援

続きを見る

認知

意義:法律上の婚姻関係によらず生まれた子を、その父または母が自分の子だと認める行為民法779条:「嫡出でない子は、その父又は母がこれを認知することができる。」とあります。「母親」も認知できるとあります

続きを見る

一身専属

意義:権利又は義務が特定人に専属し他の者に移転しない性質のこと。※一身に専属する権利義務とは…民法896条:「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続

続きを見る

共有持分を不動産業に売ることついて(裁判が長引くことの不利益)

ABCは父から相続された土地を3分の1ずつ共有しています。 ところが、 (1)Aは土地の全部を売り、現金化したいといっています。 Cは、土地を売ることは反対で、従前のままが良いと主張しています。 私(

続きを見る

相続に伴う共有持分の譲り受けと、その後の借地契約について

Bは地主Aから甲土地を借りて小売店を経営しています。地主Aが亡くなり相続人がA1とA2の二人がいるようですが、遺産分割がまとまらない状況です。A1、A2の法定相続分は2分の1ずつになります。この場合、

続きを見る

遺留分とは

遺留分とは、相続人に法律上確保された最低限度の財産。被相続人はその財産を誰に割り当てるか遺言等により指定することが出来ます。これは被相続人の意思を尊重するためではありますが、例えば特定の者(愛人等)に

続きを見る

限定承認とは

意義:限定承認とは、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して承認することを言います。民法922条:「相続人は、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続

続きを見る

共有持分の底地権(底地権を相続を想定)

Bは借地権が設定されている土地(底地権)を兄Aと相続しましたが、利用できませんし、現金化する方法はないでしょうか。兄に買い取ってもらうことや自己の持分を売却する方法が考えられます。1、底地権を共同相続

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑