事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 抵当権 」 一覧

共有持分に対する競売に妻の連帯保証人

共有持分アドバイザーの松本が担当しました「事案でわかる共有持分」として、長野県松本市のマンション共有持分をお持ちのM様の相談内容と解決内容をご紹介させていただきます。 妻との共有名義で自宅を

続きを見る

離婚をすることになり、共有持分を解消したい

共有持分アドバイザー松本が担当しました「事例でわかる共有持分」として、福岡市東区の一戸建て共有持分をお持ちのI様の相談内容および解決内容をご紹介します。 結婚を機に、夫と共有名義になっている

続きを見る

共有部分のご相談なら!
要件事実
要件事実

意義:一定の法律効果が発生するために必要な具体的事実。※民事訴訟におい

贈与
負担付贈与

意義:贈与に負担が付いているもの。(負担付贈与)民法553条:「負担付

寄与分
寄与分

意義:寄与分とは、被相続人の生前に、その財産の維持や増加に影響するよう

二重起訴(重複起訴)の禁止
二重起訴(重複起訴)の禁止

(重複する訴えの提起の禁止)民事訴訟法142条:「裁判所に係属する事件

弁論主義
弁論主義

意義:事実・証拠の収集を当事者の権能と責任に委ねるという原則のこと。<

→もっと見る

PAGE TOP ↑