事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 弁護士 」 一覧

⑯共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方

前回は、共有不動産の鑑定評価について解説しました。今回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を見ていきます。司法書士にも「専門分野」がある共有状態を解消した場合には、持分登記の抹消を行

続きを見る

弁護士からいただいた共有持分についての相談

私は弁護士ですが、相続案件を扱っており、共有持分の帰趨でもめている状況です。もちろん、共有持分の単独で売却できることは知っていますが、法律に従うだけではない良い解決方法がありませんか?ご存知の通り、共

続きを見る

共有持分の底地権買取り

相続アドバイザー松原が担当しました「事例でわかる共有持分」として、京都市左京区の底地権共有持分をお持ちのA様の相談内容および解決内容をご紹介します。 祖父が亡くなり100坪の土地を兄弟で

続きを見る

契約手続きは弁護士事務所にて

共有持分アドバイザー松本が担当しました「事例でわかる共有持分」として、東京都世田谷区の一軒家共有持分をお持ちのR様の相談内容および解決内容をご紹介します。 私と兄弟名義の一軒家があります。共

続きを見る

共有部分のご相談なら!
持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a
共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのように

中途半端な遺言a
中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つ

img_e1e3f3944c22cb6ab8081b4184a1d3f7723256[1]
⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑