事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 債務者 」 一覧

債権者代位権

民法423条:「債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使することができる。」 債権者代位権は債務者がなかなか権利を行使してくれない場合に債権者が債務者に代わって権利を行使

続きを見る

相殺(そうさい)

意義:債務者が自己の債務と同種の債権を,自己の債権者に対して有する場合,その債権と債務 を対等額で消滅させること具体例AがBから100万円借りていました。 AはBに200万円で車を売りました。 Bは

続きを見る

連帯保証・連帯保証人とは

連帯保証(人)とは、保証債務を負う人をいい、保証と異なり、検索の抗弁、催告の抗弁が無いものをいいます。(1)通常の保証「保証」は主たる債務者が債務を履行しない時に、その履行する責任を負います。民法44

続きを見る

共有部分のご相談なら!
持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a
共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのように

中途半端な遺言a
中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つ

img_e1e3f3944c22cb6ab8081b4184a1d3f7723256[1]
⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑