事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 保存行為 」 一覧

共有持分・準共有・保存行為(共有者の保存行為を想定)

①共有持分意義:複数の人が一つの物を共同で所有しているとき、それぞれの人がその物について持っている所有権の割合を「共有持分」といいます。 解説:持分は合意、または法律の規定(民法900条等)で決まりま

続きを見る

共有不動産を全員の同意なく改築可能?

1年前に亡母から兄弟4人(各持分1/4づつ)が相続した3階建てアパートがあります。このアパートには共有者は誰も住んでいませんが12部屋は貸していて家賃収入があり4人の均等割で賃料収益金を分配してい

続きを見る

他の共有者と売却の足並み揃わない!!

父と私(息子)で20年前に一軒家を購入しました。持分の割合は私が3分の1・父が3分の2です。購入後家族で住んでいました。4年前に引っ越すことになりその際は賃貸で貸していたのですが、今年初めに賃

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑