事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 代理権 」 一覧

特別代理人

意義:本来の代理人が代理権を行使することができない(代理人の破産など)又は不適切な場合(利益相反行為など)に、法律に基づき定められた裁判所に申し立てを行い選任し、本来の代理人が行う職務を行う特別な代理

続きを見る

表見代理

意義:本人側に何らかの落ち度があり、相手方が代理権がないにもかかわらず、本人の代理人として振る舞う者に代理権があると誤信してしまうような事情があると認められる場合に、取引した相手方を保護するため、その

続きを見る

無権代理

意義:代理権がないにもかかわらず、代理行為がされること1、無権代理の原則代理権が無いにもかかわらず代理行為がなされた場合には、無効となるのが原則です。 例えばA(本人)がBに代理権(例えばあるものを買

続きを見る

共有部分のご相談なら!
持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a
共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのように

中途半端な遺言a
中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つ

img_e1e3f3944c22cb6ab8081b4184a1d3f7723256[1]
⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑