事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 不動産 」 一覧

⑬不動産の共有名義人の一人が「行方不明」の場合は?

前回は、借地権の売却において、地主に承諾を拒否された場合について解説しました。今回は、不動産の共有名義人の一人が「行方不明」の場合の対応について見ていきます。共有名義不動産の売却には共有者全員の同意が

続きを見る

⑨不動産の共有名義を解消する7つの方法

前回は、「持分の交換」により不動産の共有名義を解消する方法を解説しました。今回は、不動産の共有名義を解消する7つの方法を改めて見ていきます。所有者の1人が共有名義の解消を試みた場合は・・・ここまで共有

続きを見る

不動産共有名義(共同名義)のメリットとデメリット

 メリット税制上の優遇を受けられる 売却時の控除がそれぞれ共有者ごとに適用されるということがあります。 通称「3,000万円控除」と呼ばれているものですが、居住用財産を売却した時の共有者各人ごとの譲渡

続きを見る

「時効」制度

他人の不動産(土地や建物)を占有していて、それが自分のものになるという、信じられない制度です。 【要件】くだいて説明すると 所有の意思をもって平穏かつ、公然と他人の不動産を占有し続けると自

続きを見る

共有部分のご相談なら!
持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a
共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのように

中途半端な遺言a
中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つ

img_e1e3f3944c22cb6ab8081b4184a1d3f7723256[1]
⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑