事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 月別アーカイブ:2017年08月 」 一覧

連帯納付制度(相続税法第34条)

意義:他の相続人が滞納している相続税額まで、連帯納付しなければならない制度のこと【詳細解説】相続が発生すると相続税を支払うことになります。]その際、同じ被相続人から相続した他の相続人が相続税を滞納して

続きを見る

熟慮期間(相続系)

意義:単純承認 相続放棄 限定承認するには相続の開始を知ったときから3ヵ月以内にする必要があり、これを熟慮期間といいます。【詳細解説】民法915条:「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知っ

続きを見る

賃貸借の解除(遡及効なしの点)

民法545条1項:「当事者の一方がその解除権を行使したときは、各当事者は、その相手方を原状に復させる義務を負う。…」とあります。「解除」とは、原則としてその契約は遡及的に消滅し,契約成立前の状態に戻る

続きを見る

(民法上の)正当防衛及び緊急避難

民法720条1項:「①他人の不法行為に対し、②自己又は第三者の権利又は法律上保護される利益を防衛するため、③やむを得ず④加害行為をした者は、損害賠償の責任を負わない。ただし、被害者から不法行為をした者

続きを見る

検認(遺言書の検認)

意義:相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状・加除訂正の状態・日付・署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続【詳細解説】民

続きを見る

相続の放棄をした者による管理(民法940条)

相続の放棄をした者による相続財産の管理義務があると聞いたのですが、どのようなことでしょうか?民法915条:「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若

続きを見る

妻が自己破産したらどうなるか?(自宅を共同所有)

妻と共同でマンションを購入(2分の1ずつ)しましたが、妻の経営している会社の経営が傾き、自己破産してしまいました。 色々と心配なのですが、今後どのようなことが考えられますか? やはりマンションは手放さ

続きを見る

共有の土地をお金に換金する方法

共有状態の土地がありますが、現金化、それもなるべく高く現金化する方法はないでしょうか?1、3つの主な方法共有関係にある土地を現金化する方法としては以下の3つが考えられます。 ①持分を売る ②分筆して売

続きを見る

共有物件売却に関しての意見の食い違い

Aは亡き父から相続した土地を姉B、母Cと共有名義で所有しています。 ※持分割合はABが4分の1、Cが2分の1です。 母Cはそこに立っているビルを所有しており、母もAも売却希望自体はありますが、姉Bがビ

続きを見る

特別受益の持ち戻し(特別受益者の相続分)

ABの父親が亡くなり、相続財産は本件土地(時価1000万円)のみです。 Aは遺産分割協議が整う前に自己の相続分である2分の1も持分を第三者に売却しました。 ただ、Aだけ父親から2000万円程度の資金援

続きを見る

共有部分のご相談なら!
持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a
共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのように

中途半端な遺言a
中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つ

img_e1e3f3944c22cb6ab8081b4184a1d3f7723256[1]
⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑