事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 月別アーカイブ:2017年06月 」 一覧

利息

利息は約定利息と法定利息に分かれます。文字通り約定は当事者が「約」束で「定」められている利息、法定利息は「法」で「定」められている利息です。私的自治の原則により当事者間でも利息の利率の合意は自由かと思

続きを見る

日本経済新聞社に広告を掲載させていただきました。

『あぶない共有名義不動産』出版にあたり 6月23日(金)日本経済新聞社に広告を掲載させていただきました。より多くの方に手にとっていただけたら幸いです。↓沢山の書店様にも陳列していただきました。 本のご

続きを見る

離婚(財産分与など)

現行法上、離婚の種類は…①協議離婚②調停離婚③審判離婚④裁判離婚(裁判上の離婚)に分けられます。1、協議離婚 民法763条:「夫婦は、その協議で、離婚をすることができる。」 当事者が話合い(協議し)離

続きを見る

破産(自己破産など)

意義:自己破産とは、裁判所に申立し、財産を処分し、債権者に分配して、借金を免除してもらう方法です。破産は債権者からも申し立てができますが、債務者自らが申し立てる破産を「自己」破産といいます。自己破産は

続きを見る

不在者財産管理人

意義:不在者の財産の管理・保存を行う者民法25条:「従来の住所又は居所を去った者(以下「不在者」という。)がその財産の管理人(以下この節において単に「管理人」という。)を置かなかったときは、家庭裁判所

続きを見る

特別代理人

意義:本来の代理人が代理権を行使することができない(代理人の破産など)又は不適切な場合(利益相反行為など)に、法律に基づき定められた裁判所に申し立てを行い選任し、本来の代理人が行う職務を行う特別な代理

続きを見る

相続財産管理人

意義:家庭裁判所から選任され、相続人のあることが明らかでない相続財産の管理を行う者のこと民法951条:「相続人のあることが明らかでないときは、相続財産は、法人とする。」民法952条:「前条の場合には、

続きを見る

破産管財人

意義:破産法の破産手続において、破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利を有する人のことです。破産法2条12項:「…「破産管財人」とは、破産手続において破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利

続きを見る

マンションの土地の所有権

マンションを購入しましたが、土地の所有権はどのようになっているのでしょうか?専有部分の床面積の割合で他の所有者と共有になります。マンションの一室を購入した場合、その所有権はどこまで及ぶのでしょうか。自

続きを見る

みなし財産とは

遺産分割における分配の前提となる「みなし相続財産」とは何ですか?厳密に言えば相続財産ではないが、相続財産とみなされてしまう財産のことです。被相続人が死亡すると、その財産は相続人に相続されます。その際相

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑