事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 月別アーカイブ:2017年04月 」 一覧

遺留分減殺請求と共有物分割請求

 Aは遺言により愛人Cに対して甲マンションを遺贈しました。妻であるBは自己の遺留分を侵害するとして遺留分減殺請求をCにしようと考えていますが、できれば、現物(土地)を返還されるよりは現金を手

続きを見る

共有物分割請求訴訟を行う場合のリスク

共有物分割請求訴訟を行う場合のリスクはありますか?競売による価格下落のリスクが考えられます。1、共有物分割請求訴訟とは 共有物分割の方法のうち、裁判所を通じて共有状態の解消を行う訴訟のことを言います。

続きを見る

共有解消に要する期間・多いトラブル

共有状態の解消までの時間はどれくらいかかりますか、またどのような点でトラブルになることが多いですか。期間:早ければ半年程度多いトラブル:現物分割と(全面的)価格賠償の対立、現物分割の方法、全面的価格賠

続きを見る

遺産分割の請求権利と消滅時効

遺産分割を請求する権利は消滅時効などにより制限を受けますか?遺産分割請求権は時効にかかりません。 したがって、各相続人は、いつでも遺産分割を請求することができます。1、遺産分割の消滅時効消滅時効とは、

続きを見る

『週刊ダイヤモンド』に当社が掲載されました

当社が掲載されましたのでお知らせします週刊ダイヤモンド 2017年4/17発売号 『信頼できる不動産仲介会社』特集購買はこちら(リンクで「週刊ダイヤモンド」サイトに移動します)夫婦共有名義は離婚後にど

続きを見る

共有部分のご相談なら!
持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a
共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのように

中途半端な遺言a
中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つ

img_e1e3f3944c22cb6ab8081b4184a1d3f7723256[1]
⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑