事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 月別アーカイブ:2017年02月 」 一覧

代襲相続

意義:本来、相続人となるべき相続者が、相続開始前に死亡または相続欠格・相続排除により相続権を失った者に代わって、その子供達が相続する制度のことです。民法887条2項:「被相続人の子が、相続の開始以前に

続きを見る

相殺(そうさい)

意義:債務者が自己の債務と同種の債権を,自己の債権者に対して有する場合,その債権と債務 を対等額で消滅させること具体例AがBから100万円借りていました。 AはBに200万円で車を売りました。 Bは

続きを見る

『週刊東洋経済』に当社が掲載されました

当社が掲載されましたのでお知らせします週刊東洋経済 2017年3月4日号購買はこちら(リンクで「東洋経済オンラインストアにサイトに移動します)問題になりがちな『相続不動産で増加する共有持分トラブルを解

続きを見る

根抵当権

意義:ある不動産を担保とした時、この不動産を担保に「上限額(極度額)」と「債権の種類」を決め、この範囲内で何度も金銭を貸し借りできる権利1、通常の抵当権 通常の抵当権は、お金を借りる際、家などを担保に

続きを見る

表見代理

意義:本人側に何らかの落ち度があり、相手方が代理権がないにもかかわらず、本人の代理人として振る舞う者に代理権があると誤信してしまうような事情があると認められる場合に、取引した相手方を保護するため、その

続きを見る

無権代理

意義:代理権がないにもかかわらず、代理行為がされること1、無権代理の原則代理権が無いにもかかわらず代理行為がなされた場合には、無効となるのが原則です。 例えばA(本人)がBに代理権(例えばあるものを買

続きを見る

共有者の持分放棄による登記方法

共有者の一人がその持分を放棄して他の共有者に帰属する場合、共有者の登記方法 (持分抹消登記ではなく持分移転登記、最高判昭和44年3月27日) 共有不動産のある共有者が持分を放

続きを見る

相続登記を一部だけできるか

相続登記を自分の共有持分についてのみ申請することができるか亡父所有の土地・建物をAとBがそれぞれ相続することになりました。AとBがそれぞれ2分の1の持分で相続をするという遺産分割協議がまとまりました。

続きを見る

建物の共有持分権の過半数で締結された。 賃貸借契約について

A(持分3分の1)、B(持分3分の2)は甲建物を共有していました。BがCに対して同建物を単独で賃貸しました。 Aさんの同意が無くてもよいのでしょうか。「原則」同意がいります。1、はじめに民法251条:

続きを見る

共有持分の競売

共有持分が競売にかけられているのをたまに目にしますが、買う人がいるのですか?不動産のブローカーが買っていくことが多いです。 共有名義の持分が競売されることがあります。 競落人は共有持分を落札しても、物

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑