事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 月別アーカイブ:2016年12月 」 一覧

分筆(登記)とは

分筆(登記)意義:「登記簿上2つの土地に分けることをいいます。」 ※対義語は合筆登記簿上の変更をせずに、建築基準法を満たす机上の土地の線引きを「分割」といいます。分筆は土地の分割とは異なり、分けられた

続きを見る

遺産分割協議とは

遺産分割協議意義:「相続財産をどのように分けるか」を、相続人全員で話し合って決めることを「遺産分割協議」といいます。遺産分割協議で全員が合意できなかった場合は、家庭裁判所で遺産分割をすることになります

続きを見る

共有物分割請求訴訟とは

共有物分割請求訴訟意義:「共有物の分割について共有者間の協議が調わない場合には、その分割を裁判所に請求することができると定められており、この裁判を共有物分割訴訟といいます。」共有物分割請求訴訟は、訴訟

続きを見る

住宅ローン控除とは

 住宅ローン控除意義:住宅ローン控除は、正式には「住宅借入金等特別控除」といい、税制上、税額控除のひとつとなっています。税額控除なので、「住宅ローン減税」と言われることもあります。マイホームを購入する

続きを見る

共有不動産とは

共有不動産意義:「共有(名義)不動産とは、一つの不動産を「持分」という割合で複数人の共有者が持ち合う状態を言います。」共有不動産とは、「共有」状態ある「不動産」のことを言います。各々が持分割合の範囲で

続きを見る

利害関係人とは?

利害関係人意義:利害関係人とは、一定の法律上の行為、行政庁の処分、人の地位などについて、その直接の当事者ではないものの、法律上の利害関係を有する者のことを言います。 例えば民法952条:「…

続きを見る

共有持分の決め方

土地を何人かで購入しようとしていますが、各人の土地持分はどのようにきめるのですか?各人が負担した費用の割合によって土地持分は決定されるのが通常です。民法250条:「各共有者の持分は、相等しいものと推定

続きを見る

共有持分の放棄

持分の放棄とは?持分の放棄とは、共有者の一人が自己の持分を放棄することです。民法第255条:「共有者の一人が、その持分を放棄したとき、又は死亡して相続人がないときは、その持分は、他の共有者に帰属する。

続きを見る

共有不動産の抵当権設定について

共有関係の土地・建物に抵当権が設定された場合について ①土地持分に抵当権が設定された場合  AB共有土地上にA単独所有の建物が存在している場合、Aの土地持分に設定されていた抵当権が実行されCが買受人(

続きを見る

共有不動産の持分を処分する方法は?

例えば甲不動産(土地)をABがそれぞれ土地持分を2分の1ずつで共同所有していますが、共有を解消したいと考えています。どのような方法、または注意点がありますか? ※登記はA(夫)B(妻)の共同名義甲不動

続きを見る

共有部分のご相談なら!
持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a
共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのように

中途半端な遺言a
中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つ

img_e1e3f3944c22cb6ab8081b4184a1d3f7723256[1]
⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑