事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 月別アーカイブ:2016年01月 」 一覧

共有不動産を全員の同意なく改築可能?

1年前に亡母から兄弟4人(各持分1/4づつ)が相続した3階建てアパートがあります。このアパートには共有者は誰も住んでいませんが12部屋は貸していて家賃収入があり4人の均等割で賃料収益金を分配してい

続きを見る

共有名義不動産の自己持分のみの売却理由ランキング

通常、共有名義の不動産を売却するとき全員の同意が必要です。 しかしながら必ずしも最後まで共有者全員の意思が同じとは限らないことから、自己持分のみ売却する方が最近増えています。 数名で共有する不動産には

続きを見る

共有不動産の自己持分を現金化(売却)するメリット・デメリット

不動産共有名義は相続による場合、または夫婦がマイホーム購入時に共同名義にする場合など、この2パターンが一番多いケースです。 長い年月と共に事情は変化していき、親族関係や夫婦関係も様変わりしていきます。

続きを見る

不動産共有持分をどういう人たちが買うの?

共有持分のみを売却できるのはわかりましたが、その持分だけの不動産を買う人はどんな方々?そして購入した人たちは購入後どうしているんでしょうか?持分のみの状態を購入する投資家様に売却いたします弊社は国内8

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑