事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 月別アーカイブ:2015年09月 」 一覧

「時効」制度

他人の不動産(土地や建物)を占有していて、それが自分のものになるという、信じられない制度です。 【要件】くだいて説明すると 所有の意思をもって平穏かつ、公然と他人の不動産を占有し続けると自

続きを見る

「強制買取」制度・共有不動産に関する費用と債権について

各共有者は、その持分に応じて共有物の管理費用を支払い、共有物に関する負担をしなければならない(民法253条1項) そして共有者が1年以内にこの義務を行わない時には他の共有者は相当な償金を支払ってその

続きを見る

共有者全員が持分を売らずに保有を続けるためには?

父の所有していた名古屋市西区の商業ビルを家族(母、長男、妹、私)で相続しました。生前の父は、相続財産であるビルを家族みんなが仲良く持ち続けるよう、母や長女の私に言っておりました。家族の持分を誰

続きを見る

現在、叔父が住んでいる自宅の共有持分を売却したい

父の所有していた福岡県古賀市の戸建を母と姉妹3人で相続。 平成21年に1月に父が亡くなり現在、叔父が住んでいますが、叔父は生活保護を受けており、家賃も支払いません。(固定資産税だけは叔父が支

続きを見る

持分比率以上の面積を要求してくる姉に困っている

父が2年前に亡くなり60坪の土地を私たち姉妹2人が相続しました。 父からの遺言書を基に各2分の1で相続登記をしましたが、姉は私に100万円の債務があります。(4年前に姉に貸しました) 昔か

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑