事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 月別アーカイブ:2015年06月 」 一覧

不動産持分を夫婦で共有していたケース【離婚後】

持分アドバイザーの松原です。今回は離婚に伴う不動産持分の売却のケースです。 不動産持分に関する相談で離婚に伴う売却は多くいただいております。今回は離婚後に妻の持分を売却したケースの事例です。

続きを見る

心配いらない相続登記・遺産分割協議書

相続登記や遺産分割協議書の話がまったく進まなくて… 数年前に亡くなった親名義の実家に長男夫婦が住んでいます。 親と同居していた長男夫婦は当然のように住んでいますが、相続人は私を含め

続きを見る

共有関係を解消したい(トラブルを回避)

母の持っていた奈良市のアパートを兄妹4人で相続。 平成20年1月に母が亡くなってアパートの家賃収入を四人で均等に分けることで全員合意し、一番近くに住んでいる姉(長女)が集金・管理すること

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑