事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 豆知識 」 一覧

相続開始の原因(「死亡」の意味等)

民法882条:「相続は、死亡によって開始する。」相続が開始されるには被相続人の「死亡」が必要になります。実は「死亡」と言っても、実際に死亡して居なくても法律的に「死亡」と扱われる場合などがあります。以

続きを見る

マンションの土地の所有権

マンションを購入しましたが、土地の所有権はどのようになっているのでしょうか?専有部分の床面積の割合で他の所有者と共有になります。マンションの一室を購入した場合、その所有権はどこまで及ぶのでしょうか。自

続きを見る

みなし財産とは

遺産分割における分配の前提となる「みなし相続財産」とは何ですか?厳密に言えば相続財産ではないが、相続財産とみなされてしまう財産のことです。被相続人が死亡すると、その財産は相続人に相続されます。その際相

続きを見る

契約締結上の過失

意義:契約締結の段階またはその準備段階における契約締結を目指す一方当事者の過失のこと【詳細解説】本来契約に至っていない場合には、当事者は何も義務を負っていないため、契約前の責任追及はできないのが原則で

続きを見る

不動産相続登記の期限

2017/05/23 | 相談事例, 豆知識

不動産の相続登記(名義変更)はいつまでにしなければならないの? 相続登記には期限がありません。しかし、早めに登記をしておいた方が良いです。

続きを見る

不動産の共有相続のデメリット

不動産を共同相続した場合のデメリットとは? 【詳細解説】  不動産を共同相続するとどのようなデメリットがあるのでしょうか・・・ 民法898条:相続人が

続きを見る

共有物分割の競売判決に基づいて競売を申し立てる場合の必要な書類

共有物分割の競売判決に基づいて、競売を申し立てる場合にはどのような書類を提出する必要がありますか?共有物分割の競売判決に基づいて競売を申し立てる場合には、原則として主に以下の書類を裁判所に提出する必要

続きを見る

全面的価格賠償をする場合の支払い能力の証明

AとBは土地を共同所有していました。Aはその土地を売ろうと考えていましたが、Bがどこにいるのかわからず土地が売却できません。Bさんに特別縁故者(内縁の妻など)がいなければAはBの 共有持分を取得できる

続きを見る

共有者の持分放棄による登記方法

共有者の一人がその持分を放棄して他の共有者に帰属する場合、共有者の登記方法 (持分抹消登記ではなく持分移転登記、最高判昭和44年3月27日) 共有不動産のある共有者が持分を放

続きを見る

相続登記を一部だけできるか

相続登記を自分の共有持分についてのみ申請することができるか亡父所有の土地・建物をAとBがそれぞれ相続することになりました。AとBがそれぞれ2分の1の持分で相続をするという遺産分割協議がまとまりました。

続きを見る

共有部分のご相談なら!
持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議a
共有名義不動産のトラブルを避ける遺産分割協議

父が亡くなり、遺産分割協議をしており、不動産について兄弟間でどのように

中途半端な遺言a
中途半端な遺言(遺言書が中途半端でもめてしまった事例)

先日父が亡くなったのですが(相続人はA~Cの兄弟の3人)、遺言書が二つ

img_e1e3f3944c22cb6ab8081b4184a1d3f7723256[1]
⑰「不動産仲介業者」を活用した共有不動産トラブルの解決法

前回は、共有不動産のトラブルに強い司法書士、弁護士の選び方を解説しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑