事例でわかる!不動産「共有持分」の売却について

「 用語集 」 一覧

共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であるとき、又は同一の事実上及び法律上の原因に基づくときは、その数人は、共同訴訟人として訴え、又は訴えられることができる。訴訟の目的で

続きを見る

遺言(特別方式遺言)

1、死亡の危急に迫った者の遺言民法976条1項:「疾病その他の事由によって死亡の危急に迫った者が遺言をしようとするときは、①証人三人以上の立会いをもって、②その一人に遺言の趣旨を口授して、これをするこ

続きを見る

相続開始の原因(「死亡」の意味等)

民法882条:「相続は、死亡によって開始する。」相続が開始されるには被相続人の「死亡」が必要になります。実は「死亡」と言っても、実際に死亡して居なくても法律的に「死亡」と扱われる場合などがあります。以

続きを見る

法人の権利能力・行為能力

民法34条:「法人は、法令の規定に従い、定款その他の基本約款で定められた目的の範囲内において、権利を有し、義務を負う。」※上記規定は、法人の権利能力の範囲を制限し、それと同時に法人の行為能力の範囲をも

続きを見る

明認方法

意義:土地に生育する樹木や果実などに独立した所有権が成立していることを公示する方法のこと明認方法は実は民法の条文には存在せず、慣行上認められてきたもので、判例も古くから認めています。その対象は、立木(

続きを見る

逸失利益

意義:本来得られるべきにもかかわらず、債務不履行・不法行為が生じたことにより得られなくなった利益のこと。※得べかりし利益(うべかりしりえき)ともいいます。1、債務不履行による場合民法415条:「債務者

続きを見る

動機の錯誤

民法95条:「意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。」例えば、Aが100万円で不動産を買

続きを見る

第三者詐欺

意義:詐欺を行なったのが取引などの相手方ではなく、第三者が詐欺を行なう場合のこと民法96条1項:「詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。」同条2項:「相手方に対する意思表示について第三者

続きを見る

連帯納付制度(相続税法第34条)

意義:他の相続人が滞納している相続税額まで、連帯納付しなければならない制度のこと【詳細解説】相続が発生すると相続税を支払うことになります。]その際、同じ被相続人から相続した他の相続人が相続税を滞納して

続きを見る

熟慮期間(相続系)

意義:単純承認 相続放棄 限定承認するには相続の開始を知ったときから3ヵ月以内にする必要があり、これを熟慮期間といいます。【詳細解説】民法915条:「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知っ

続きを見る

共有部分のご相談なら!
共同訴訟
共同訴訟(固有必要的共同訴訟)

民事訴訟法38条:「訴訟の目的である権利又は義務が数人について共通であ

相続分の譲渡a
相続分の譲渡

相続分の譲渡とは何ですか?意義:相続分譲渡とは相続権を有する人が、自分

遺留分を意識した遺言の作り方a
遺留分を意識した遺言の作り方

遺言書を作成しようとしていますが、遺留分を侵害しない遺言書を作る方がい

持分の交換a
持分の交換

10年前に父Aが亡くなり、アパート2棟(同敷地内甲・乙)を遺産分割協議

兄弟間でのトラブルa
兄弟間でのトラブル

父が残した自宅を兄弟で共有し、家賃収入を得ています。 ところが、弟が勝

→もっと見る

PAGE TOP ↑